効果的な施術

金の糸で若返り

金の糸というのは日本の美容外科クリニックが開発した画期的なアンチエイジングの方法です。 驚いたことに、金の糸では本物の金の糸を皮膚の内側に埋め込むことによって皮膚が異物を捉えて自浄作用として若返りを行います。まず、手術によって金の糸が皮膚内部に挿入されると、皮膚の細胞が異物が挿入されたことを感じて活発化します。 通常、年齢とともに皮膚の細胞の生まれ変わりというのは衰えてきますが、異物を挿入することによって活発化するものです。そうすると金の糸がメラニンや加齢の原因である細胞を吸収し、コラーゲンや新しい細胞を作り出す活動を活発化します。金の糸を挿入することによって肌が活発に活動をするのでアンチエイジングの効果が高まります。

肌の若さを取り戻す金の糸

肌の悩みは年齢性別を問わず誰もが持っているものです。しかし現在金の糸という施術を行ってくれるクリニックが増えています。 金の糸とはフランスで生まれた美容整形の施術の一つで、皮膚に純金の糸を埋め込みシワなどを改善する施術です。 シワの他にも美白効果があり、皮膚全体が若返るとも言われています。 金の糸は術後の腫れが少なく、痛みも少ないといわれています。そして皮膚の中に半永久的に存在し続けるため、ハリを持たせる効果が半永久的に続くということになります。現在金の糸は様々なクリニックが取り組んでおり、ウルセラシステムなど他の施術よりも高い人気を誇っています。イタリアンリフトなど他の施術と比較してもかかる時間が短いというのも忙しい現代人にとって大きなメリットと言えるでしょう。